« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月23日 (木)

北帰行の前に

茨城県坂東市・菅生沼の上沼へ北帰行の始まる前に出かけた時の
ものです。

Img_5938_edited1jpgnuma_1

時折 顔を上げて家族で鳴き交わしています。

Img_5858_edited1

休んでいたオオハクチョウの親子
Img_5918_edited1

 水面へ泳ぎ出しました。
Img_5921_edited1

手前がコハクチョウ・奥がオオハクチョウ
 コハクチョウが帰る先は北極圏のツンドラ
 オオハクチョウはシベリア広範囲とサハリンへ

Img_5922_edited1

水を飲んでいる所です。
 嘴を水面につけて、水を一口ふくんで、

Img_5894_edited1jpg

上を向いて喉に流しこんでいます。

Img_5896_edited1jpg
 あとちょっとの期間です。栄養つけて繁殖地に向かい、
家族を増やして菅生沼にやってきてほしいですね。

2017年2月10日 (金)

隣町の公園で鳥見 ついでにウォーキング

 昨日は、庭にうっすらと雪が積もり寒さに震える朝でした。
乾いた土が強風により砂埃となって目も開けられない日に出るよりは
ましです。雪が止んだので早速出かけました。
Img_5754_edited1_2

越冬中のムナグロが6羽誰も居ない公園の芝生でハクセキレイや
ツグミなどと混じり餌を探しています。
 タタタッと走っては立ち止り、芝生に嘴を入れる仕草は
ツグミと似た動きだと思いました。
 
ムナグロ  チドリ科 体長24cm 
  旅鳥として干潟や水田、草地に飛来、少数が越冬する。
繁殖地:シベリア極北部からアラスカ西部沿岸にかけてのツンドラ地帯
越冬地:東南アジア、中国、太平洋諸島、オーストラリアなど。

Img_5638_edited1jpg

カワラヒワは集団で餌を探して・・
Img_5604_edited1

 葦に、クイナが休んでいます。  クイナ クイナ科 体長29cm
こちらはもう気付かれているようです。
Img_5569_edited1

 葦原ではホオジロの仲間のオオジュリンが茎の中の虫を
探しています。3羽一緒でした。
Img_5697_edited1jpg
Img_5690_edited1

シジュウカラも 葦の茎を剥いて虫を探しています。
 
Img_5657_edited1

昼前に雪がまた降り始めたので退散することにしました。
 

 マガモの群れの中にオシドリ♂1羽混じっています。
オシドリは自分に近付き過ぎたマガモ♀を怒って攻撃。
仲間は居なくても強気でしたゞ
Img_5729_edited1jpg


« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック