« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

ミヤマガラス・コクマルガラス・オシドリなど

 利根運河沿いの理想公園へ出かけました。

Img_2805_edited1

トモエガモ♂が居るとの情報でしたが・・見られません。
でもカルガモ団体さんとマガモ♀と一緒にオシドリ♀が入ってました。
Img_2830_edited1

カケスは何処でも賑やか。
Img_2803_edited1

 ジョウビタキ・今年は25日に自宅付近で初見。毎年同じ時期に
やってきてくれます。たっぷり実った庭のムラサキシキブを短く刈り込んで
しまったので、今年は家に招待できなくなりました。来年はとっておきます。
Img_2888_edited1

薄暗い林の中で目を引いた紫色の花はトリカブトでした

Img_2843_edited1jpg

目吹きの農道脇。先週60羽位だったミヤマガラス群れは200羽くらいに増。
Img_2927_edited1jpg

嘴や頭部が特徴的です。体の向きにより翼の一部が灰色に見えます。
警戒心が強くて、人の動きを見て直ぐに飛んで行ってしまいます。
Img_2923_edited1

群れの中に数羽のコクマルガラスがおり、内1羽成鳥が見られました。

Img_2945_edited1jpg

  ・    ・   ・

モリムシクイ・・雨が降り出しそうな曇天。埼玉に珍しいムシクイが出て
いると教えて戴きました。
 繁殖地:ヨーロッパ・西シベリア南部のオビ川上流域 越冬地:アフリカ中部
日本では、迷鳥  体長は13cm弱 
 明るい緑褐色の上面に幅広の黄色い眉斑 
Img_2797_edited1jpg

 ☆

2016年10月16日 (日)

スポーツ公園へ

出先からの木野崎スポーツ公園、
既に午後2時半過ぎていたので少しの期待で寄りました。
ショウドウツバメなどいないかなと思いつつ利根川の土手上で観察するも見られず。

芝生広場です。、休日には親子連れなどで賑わいます。
ちょっこっと散歩しました。

Img_2284_edited1jpg

越冬地に向かう途中のツツドリを見る事ができました。
桜の木はすっかり葉を落としています。ケヤキから常緑樹に
移動して虫を探している様子。「ポァ、ポァ」のような感じで時々
小さく声を発していました。
Img_2202_edited1jpg

 少し離れた木の枝にもう1羽。これもツツドリかと思ったものの
良く見ると下尾筒(腹から下の部分)の横班がなく白っぽく見えます。
これはホトトギスと他種との見分けのひとつとの事なので、ホトトギスかも・・
Img_2232_edited1jpg

モズの雄が良い場所を確保して高鳴き。
Img_2245_edited1jpg

土手にジャガイモの花によく似た、同じナス科のワルナスビが
花を付けています。
繁殖力が強く鋭い棘があり、始末の悪い雑草なので「悪茄子」だそうです。
Img_2260_edited1jpg

この後寄り道。久しぶりの小船橋水辺公園へ
Img_2331_edited1

 エゾビタキがケヤキの天辺からくるりと飛んではまた戻り
の特徴的な動きをしていました。
Img_2319_edited1

Img_2322_edited1
 
 日も暮れてきて、草原でヤマトシジミが休んでいます。
他に、1個体づつ別々にイネ科植物で26個体のヤマトシジミが
休んでいました。このまま夜を過ごすのでしょうね。
Pa1401311_edited1jpg

2016年10月 7日 (金)

水田地帯

 公園散歩後に寄り道した水田・耕地の道を
ちょっと歩いた時のものです。

Img_2070_edited1jpg

シロバナサクラタデ タデ科  
 畔や湿地など水辺で見られる。
サクラタデに似た白い花が付くことでシロバナサクラタデ。
P9300086_edited1jpg

 シロバナツユクサ 紫色のツユクサに混じり2輪ほど見られたものです。

P9300090jpg

スズメウリ ウリ科 成熟すると灰白色になります。
Img_2079_edited1

 イタチがハクセキレイを狙っている所に遭遇。
ハクセキレイは気付いたものの歩いて逃げていきました。
イタチは距離的に無理かとあきらめたのか・・。
Img_2072_edited1jpg

 まだ未練が残る様子
Img_2076_edited1
 
トビが上空から獲物を見つけたようです。

Img_2099_edited1
 早速ハシボソガラスに囲まれました。
Img_2129jpg

 カラスが去ってゆっくりと食事。
Img_2123_edited1jpg

イネ科植物の葉上で見られたオスクロハエトリ ♂
P9300100_edited1

2016年10月 6日 (木)

公園散歩

 この日も公園の散歩。歩きながら見られたものです。

青空が覗いたものの此の後は曇ってきました。

Img_2016_edited1jpg

 上空にツミの姿  換羽中のようです。
Img_2002_edited1

 エナガに見られた・・
Img_1981_edited1jpg

 ヤブマメ・薄紫の花が固まって付いています。葉は3小葉。
P9300002_edited1jpg

 ギンリョウソウと思ったら、9月・10月に咲いているのは
ギンリョウソウモドキだそうです。
 同じように光合成を行いません。
Img_1988_edited1jpg

ウラギンシジミ ♀
前後の翅の中央に白い模様。(雄はオレンジ色)

Img_2034_edited1jpg

ホソヒラタアブ
P9300034_edited1jpg

 可愛い形のキノコがあったので撮りました。
P9300065_edited1jpg

ここからは、クモになります。苦手な方はキノコまでで。
 キララシロカネグモ アシナガグモ科 体長♀約6~7mm
池の脇道で見られました。
P9300014_edited1jpg

同じキララシロカネグモ 写真撮影の為、葉より移動させたら
瞬間的に体色が変化しました。
P9300017_edited1jpg

オオトリノフンダマシ 卵のう 

Photo

卵のうだけでなく、オオトリノフンダマシの♀も見られました。体長♀10~13mm
 類似種のトリノフンダマシの方が背中が白く、名前の通りフンに似て
だまされそうです。
P9300058jpg

アオオニグモ  これも美しい色のクモです
P9300080_edited1jpg

 腹側も青
P9300071_edited1jpg

無色透明の網の糸は時間がたつと金色に光るようになるとのこと。
P9300068_edited1

コガタコガネグモ しっかり網を張っています。
P9300081_edited1jpg

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック