« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

桜とお城

桜とお城の風景を眺め散歩と考えていたのですが
まだ早かったようです。
 利根川沿いの道を走っている時に数羽のツバメを見ましたが、ここでは
飛んでいる姿は見られませんでした。

千葉県立関宿城博物館

Img_2341_edited1

Img_2406_edited1

桜はこれから。利根川と江戸川の分流点にあって気温が低い
からでしょうか。楽しみはもう少し先に。

Img_2273_edited1jpg
ヒヨドリ

Img_2269_edited1

ヒバリがトラロープで一生懸命に囀っています。

「リートル・リートル・ヒーチブ・ヒーチブ(利取る・日一分)」
なかなか借金を返さない太陽に怒って鳴いている
という楽しい「聞きなし」がありますがじっくり聞くと、とても複雑な声を
出しています。
 後ろ足のツメが非常に長いです。

Img_2334_edited2

ベニシジミ

Img_2293_edited1_2

枯れ草色か若草色がいいか・・アマガエル
Img_2286_edited1jpg

ムラサキシジミ  
Img_2355_edited1

ヨコヅナサシガメの幼虫。
(肉食で昆虫や蜘蛛類などの体液を吸う)
 ソメイヨシノの樹の窪みに越冬中のヨコヅナサシガメがいました。

刺されると痛いのでうっかり触らないように要注意です。

Img_2346_edited1

ナガメ カメムシの仲間  

P3290072_edited1

トウダイグサ

P3290137_edited1jpg

カントウタンポポ
Img_2368

ちょっと離れた場所で
オオジュリン雄 ホオジロ科
 頭部が黒く(夏羽)なり始めています。

Img_2441_edited1

  ピオ、ピピピ・・と声がして  コチドリ

Img_2452_edited1

2016年3月20日 (日)

ぺリット

少し前に出かけた先で見つけた猛禽類のぺリット。
 この木の下にいくつものぺリットがありました。

Img_1580_edited1_2

大きさは4cm±位 
ぺリットはワシタカ・フクロウ・サギ・カワセミ・モズ類・・・・・・他の
肉食鳥・魚食鳥が口から吐き出す骨やツメ・嘴・鱗・昆虫など堅い物からなっていて
不消化物の固まりという事で、出している所はまだ見たことはないです。

Img_1579_edited1_2

このぺリットを広げると羽ばかりでした。小鳥が捕食されたと思われます。

P3080063jpg_3

別のぺリットは、草や種、鳥の嘴。大きさと嘴の色・形からムクドリだと
思われます。

P3080061_edited1_2

このぺリットは

P3080068_edited1

オオカマキリの卵塊と昆虫の足。そして、ゴミ(真中)。ゴミは紙の
ようです。

P3080071_edited1_2

これは、ネズミの骨でしょうか。

P3080075_2

植栽されたグミの木で見つけた蜘蛛たち・・・

P3080015

アシブトヒメグモ メス ヒメグモ科  体長 5mm位
 名前はオスの脚の特徴から名付けられた。
母親は捕えた餌を子グモに与える。

P3080040_edited1_2

アシナガグモ  アシナガグモ科

P3080002_edited1_4

ウロコアシナガグモか・   アシナガグモ科
 メスではエゾアシナガグモと識別困難。
オスでは腹に赤い斑があるのがウロコアシナガグモ。

P3080026_edited1_2

トガリアシナガグモ  アシナガグモ科
腹部先端がとがっています。

P3080047_edited1jpg_2

2016年3月19日 (土)

お花見しました

気温も上昇し、ウォーキング日和でした。植物園でお花見。

満開でした。
花径は2cm位。6月頃赤く熟した実は食用になるそうです。
シナミザクラ(カラミザクラ) バラ科 分布 中国

Img_1772_edited1

 トサミズキ マンサク科 3月~4月
高知県の岩地に自生し早春の花木として人気ある樹木。

Img_1798_edited1_2

ダンコウバイ クスノキ科  葉は浅く3裂した広卵形で葉の付き方が互生。

Img_1816

サンシュユ ミズキ科    葉は卵状楕円形で葉の付き方が対生。
 ダンコウバイとサンシュユの花は良く似ています。
葉は全く違いました。
花では、サンシュユの花柄はあって、ダンコウバイの花柄は無いかごく短い
との事です。確かに。 (みんなの図鑑)

Img_1881_edited1

アセビ  ツツジ科

Img_1832_edited1

春は黄色や淡い色の花が多いと感じます。
 そんな中、ボケの花の色の赤さよです。

ボケ バラ科の落葉低木

Img_1890_edited1

ミスミソウ  キンポウゲ科  準絶滅危惧種
  分布:中部地方以西と四国・九州
Img_1801_edited1

 オオミスミソウ キンポウゲ科  分布:日本海側 山地の日陰
三角の葉の形状から名前が付いています。花は径2cm位。
ミスミソウ・オオミスミソウ とも雪割草と呼ばれる原種です。

(雪割草と呼ばれるのは、キンポウゲ科ミスミソウ属のミスミソウ、オオミスミソウ、
スハマソウ、ケスハマソウを指します)

Img_1811_edited1


ナミテントウいました。
Img_1861_edited1

気温が上がりテングチョウも姿を見せています
Img_1793_edited1

ルリタテハ 砂利の上にじっと止まって・
Img_1865_edited1


2016年3月13日 (日)

北本市へ

今日の気温は7度と寒くなりました。
 北本自然学習センター へちょっとお出かけ。
ゆっくり歩きましたが、歩数は7千歩いきました。

「マイボトルキャンペーン」ということで、金・土・日の3日間はマイボトルを
受付へ持って行くと、ホット狭山茶を入れてくれます。
日本茶大好きなので嬉しいサービスでした^^

Img_1658
園内風景

Img_1657

センターの中の展示。ネーミングのセンスがいいですね。
今日のお気に入り。 それぞれの絵のボックスを開けると本物が入っています^^
Img_1662_edited1

猛禽類の剥製
Img_1663_edited1

園内を散策。開花中の案内リストにあったウグイスカグラ。
 自宅の庭に植えてあったのですが剪定を繰り返すうちに枯らしてしまい
残念な事をしました。
 6月頃赤く熟した実を口に入れて味を楽しんでいました。

Img_1673_edited1

ブロッコリーのようなニワトコの花芽  

Img_1675_edited1

開花リストにあった ヒメカンスゲ
 案内に、穂の先端についている毛のようなものはおしべ。
花びらはなく地味。
カンスゲ(寒菅)というのは冬でも葉が残っているスゲという意味だそうです。
Img_1734_edited1

池にマガモ・・他にコガモやカイツブリなど
Img_1745_edited1jpg

ダイサギ
Img_1761_edited1

「チョットコイ、チョットコイ」の聞きなしのコジュケイ
普段は声はすれど姿は見えず。藪から飛び出して木に止まりました。
 
コジュケイ キジ科  中国南部原産の移入種。一年中見られる。
跗蹠(ふしょ)『足」にケヅメがあるので雄でした。 

Img_1713_edited1jpg

池にニホンアカガエルの卵塊・・こんな感じなんですね。

Img_1753_edited1jpg

・展示されていたニホンアカガエル

Img_1661_edited1

2016年3月 1日 (火)

ご近所散歩

 心地よい風は歓迎ですが、今日は冷たく強い風が吹きました。

 歩数不足でしたので歩いて買い物に出かけました。
スーパーへの道すがら人家の庭木にメジロが来ていました。
花に嘴を差し込んで花蜜を吸っています。

Img_1405_edited1

ヒヨドリも仲間に加わり吸蜜。

Img_1409_edited1

住宅地の隣の小さな溜め池、コガモがいます。
警戒心の強いコガモですが、この場所は身を隠す葦などの植物もあり
以前水田だった名残りもあります。
 ちょっと環境が変化するとどうなるのかいつまでも姿を見ることが
出来る事を思いつつ歩きました。

Img_1426

水路にカルガモ ペア 
Img_1417_edited1jpg_2

手前側が雌で、奥が雄です。何となく顔にも違いがありますね。
:雄の方が羽色の黒味が強く、↓の上尾筒が黒。雌は褐色です。

20160301img_1419_edited1
散歩道の風景

Img_1467_edited1

住宅と工場など混在しています。
ゴミが捨てられているのはとても残念です。

Img_1462

樹木のしたで動くものが。

20160301img_1455_edited1


キジでした。とても派手な羽色ですが頭を隠してしまうと目立たないものですね。
Img_1463_edited1

コブシはまだのようです。
Img_1433_edited1jpg

シデコブシは一部咲いていました。
Img_1478_edited1

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック