« 2015年8月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年9月

2015年9月26日 (土)

泡瀬の海散歩

Img_6964_edited1
本島中部沖縄市東部に位置する泡瀬干潟・・野鳥の渡りの中継地と
して野鳥観察者には既知の場所。干潟を歩いてみるとびっくりする程の
生き物が数多く生息しています。未知の生物だらけでした。
野鳥に限らず人々にとっても大切な場所であることは間違いないと感じます。
すでに変化している干潟です。動き出したものは止められないのでしょうか。

Img_7018_edited1jpg
同じく泡瀬の海岸 

Img_6936_edited1jpg
ソリハシシギとアオアシシギのツーショット

Img_6989_edited1jpg
上げ潮で満ちてきた場所から飛んできたキアシシギ

Img_6972_edited1
チュウシャクシギ

Img_6868_edited1jpg
オバシギ3羽入っていました。同じ種で一緒に行動して餌採り
してました。

Img_5625_edited1jpg
コサギとクロサギ仲良く?一緒。コサギが飛んでいくとクロサギが
後を追って近くで餌採り。

Img_5659_edited1jpg
浜辺でイソヒヨドリがヤールー(ヤモリ)を捕食。
ヤールーは、我が家の玄関回りに常駐。一緒に家に入ろうとするので
たいてい些細なバトルがあり、懐かしい思い出になりそうです。
結構可愛いのですけれど^^

Img_5656
モンパノキの葉がイキイキとしてました。
新芽はてんぷらで食すると美味しいそうです。

Img_5657_edited1jpg
モクマオウの実・クリスマス飾りなどによさそうです。

Img_7060_edited1
ハチが巣作り中  体長1cm位
調べたらオキナワチビアシナガバチのようです。
分布:奄美大島~与那国島  ススキ・サトウキビ・ソテツなどに営巣

Img_6769_edited1jpg
ヘクソカズラが見頃です。ここで見られる花は豪華に咲いてい
ますね。

Img_7072_edited1
ゲットウの赤い実が緑一色の中で印象的でした。

参考文献 昆虫の図鑑  南方新社

              ☆

:沖縄から本土へ戻る事になりました。
 お散歩ブログを2014年1月より初めて1年9ヶ月。
のんびりブログですがご訪問くださいました方々どうも有難うございましたm(. .)m
月並みですが月日は過ぎてしまえば早いものと実感しています。

 今の所再開の予定はありませんのでよろしくお願い致します。

 

  Δ Δ 
 (=^・^=)
 

2015年9月16日 (水)

やんばる観察

心地よい風が吹いて秋を感じるこの頃・・今日は朝から湿度も上がり暑さが
少し戻ったような。
やんばるで観察会に参加した時に見られた植物や昆虫など載せました。

Img_6028_edited1
時間:朝8時30分頃 カラスウリ
オオカラスウリかリュウキュウカラスウリか実が生っていない状態で
判別は難しいようです。

Img_6029_edited1
1輪だけ咲き残っていた雄花

Img_6041_edited1jpg
ハゼノキ 紅葉

Img_6045_edited1jpg
ハシカンボクの花  写真を撮る時気になるのはたいてい葉に穴が
開いている事です。ハシカンボクの葉は何に好かれているのでしょう。

Img_6056_edited1jpg
ハクサンボク 赤い実がなっていました。
3月下旬頃~小さな白い花を枝先に沢山つけていました。

Img_6024_edited1jpg
フタホシハゴロモ  ハゴロモ科  奄美大島以南
 体長1cm位のハゴロモ科の仲間 
両翅の先に黒紋があるので二ツ星の名がついたそうです。

Img_6073_edited1jpg
リュウキュウルリモントンボ ♂ モノサシトンボ科


Img_6048_edited1jpg
リュウキュウハグロトンボ ♂ カワトンボ科

Img_6033_edited1
フタイロルリハムシ  ハムシ科 奄美大島以南 
 カラスウリの葉に。







2015年9月 8日 (火)

いつもの公園散歩

Img_5270_edited1jpg
公園内をのんびり散歩しながら見かけた植物などアップしました。
園内に展望台があり四方見渡す事ができます。久しぶりに上りました。

Img_5241_edited1jpg
サキシマハマボウ 海岸の防潮林や街路樹・公園樹としてよく
見られる常緑高木です。
オオハマボウに比べて葉が細長いハート形。

Img_5246_edited1jpg_2
サキシマハマボウ 梅の実大の実が生っていました。実は割れずに
そのまま黒っぽくなり落ちます。食べる事はできないそうです。

Img_5266_edited1
ハマセンナ マメ科    分布:奄美大島以南  
 主に海岸近くで見られる高さ~6mまで達する常緑高木
蝶が止まっているように見えます。

Img_5268_edited1jpg
鮮やかな色のマメ科の花は沢山ありますが、全体網目模様
が面白いです。

Img_5280_edited1jpg_2
リュウキュウボタンヅル 花が終わり種から綿毛のような毛が伸びています。
種子が熟すと風に飛ばされます。

Img_5273_edited1jpg_2
野原に一輪の白い花・種は何処からやってきたのでしょう。

・散歩コースにあるクサトベラ。昆虫などよく見かけます。
Img_4714_edited1
ハチを捕えていたアオメアブ

Img_4718jpg
蜘蛛の卵のう

Img_5328_edited1jpg
ナガマルコガネグモ ♀

Img_4726_edited1jpg
ホソヘリカメムシ  ホソヘリカメムシ科

ここから別の植物の葉に・
Img_4740_edited1_2
オキナワクワゾウムシかな 体長13mm~15mm
Img_4837_edited1jpg
カミキリムシの仲間 

Img_5231_edited1jpg
スジボソサンカククチバ  ヤガ科
地面に近い所で止まっています

Img_5225_edited1jpgtatehamodoki
タテハモドキ 目玉模様が特徴のタテハチョウの仲間

Img_5319_edited1
ヒメトンボ ♂ トンボ科 屋久島・トカラ列島・奄美大島以南
3cmに満たない小さなトンボ・ 

Img_5263_edited1jpg
アゴクロハエトリ ハエトリグモ科  南西諸島分布 体長8mm前後
木製の階段の柱を歩いていた所。

参考文献 片野田 逸郎 琉球弧 野山の花  南方新社他

« 2015年8月 | トップページ | 2016年1月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック