« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月28日 (土)

田んぼへ

田んぼの地域へ

Img_77001_edited1jpg
タマシギ♂♀ タマシギ科 全長24cm 一妻多夫で雌は子育てしません♪
その為雌の方が鮮やかな羽色です。手前が雌。

Img_76551_edited1jpg
雄の羽衣も模様が素晴らしいと思います。20年程前に自宅近くの
水田にタマシギを見つけ、初見でもあり本当に嬉しかったのですが
道路拡張工事の為水田は埋められ、辛い思い出と変わりました。

Img_77171_edited1jpg
アマサギ サギ科 亜麻色に羽衣が変わってきています

Img_7766_edited1jpg
チュウサギ サギ科  

Img_7729
ハクセキレイ セキレイ科 

Img_77111_edited1jpg
もじゃもじゃしている草は・・

Photo
カミガヤツリ  

Img_7763_edited1jpg
キキョウラン ユリ科 
花の色がキキョウの花に似ていることに由来。

Photo_2
ナワシロイチゴ バラ科  
既に花は終わり果実ができつつあるようです

2015年3月19日 (木)

公園散策

いつもの公園ではなくちょっと遠出。散歩しながら見られたものを
アップします。

Img_7187_edited1jpg
ニシオジロビタキ (ヒタキ科)稀な冬鳥です。まだ見る事ができました。
枝から枝へ素早く移り動きが速いです。時々地面に降りて虫など
採っていました。枝の上で尾を頻繁に上げていましたがその瞬間の
写真はボケてしまいました。これもボンヤリしていますが・。
 
Img_7171_edited1_2
ルリビタキ ヒタキ科 

Img_7137_edited1jpg
シロハラ ♀ ヒタキ科 いなくなると寂しくなります。

Img_7124_edited1jpg
フウトウカズラ コショウ科 つる性植物 2回目登場。
 面白い名前と思っていましたが「風藤蔓」と書くそうです。
雌雄異株。今度は赤い実をつけた状態を見たいものです・

Img_7105_edited1jpg
ショウベンノキ ミツバウツギ科 常緑中高木  分布:九州以南
 誰もが気の毒に思う名前ではないでしょうか。春先に枝を切ると
切り口から沢山の樹液が出る事からついたようです。
秋には濃いオレンジ色の実をつけます。

Photo
クスノハガシワ トウダイグサ科 常緑小高木 分布:トカラ列島以南
 褐色の粉が付いた実は以前載せていますが、花は初めてになります。

Img_7097jpg
クチナシ アカネ科 道路沿いの林縁に良い香りを漂わせて咲いていました。

Img_7128_edited1jpg
サダソウ コショウ科  分布:四国・九州以南 海岸~山地の岩場に生える
多肉質の多年草  鹿児島県の佐多岬で見つかったのでこの名前がつけられた
そうです。
花穂がツンとしているのが特徴的です。
この仲間はペペロミアとして観葉植物でよく知られています。

Img_7113_edited1jpg
クワノハエノキ  エノキハトガリタマフシ(虫こぶ) エノキトガリタマバエ
 虫こぶのトンガリが痛々しいので何かと思いました。

Img_7120_edited1jpg
桑の葉に止まっていた ヨツモンカメノコハムシ  ハムシ科 

Img_7094_edited1jpg_2
ユウマダラエダシャク シャクガ科

Img_7089_edited1jpg
リュウキュウミスジ タテハチョウ科
翅の状態がとてもよかったです。

Img_7220_edited1
ヤモリの仲間 天気が良いので日向ぼっこでしょうか。
塩ビ管に隠れずじっとしていました。

参考文献 片野田 逸朗著  琉球弧 野山の花  南方新社

2015年3月10日 (火)

また会えたね

法要で出かけていた為、久しぶりに探鳥散歩。万歩計の数値は・
・・最後の方で車を目指し数値を稼ぎ何とか6000歩。
嬉しい事にいつもの場所にオオフラミンゴが入っていました。

Img_6904_edited1jpg
オオフラミンゴ 1月の初見から約2カ月ぶりの再会でした。
元気そうで何よりです。

Img_6916_edited1jpg
クロツラヘラサギ6羽 内1羽は、E24の足輪。
ヘラサギ1羽、今日はクロツラヘラサギと一緒でした。

Img_6922_edited1jpg
全長 ヘラサギ70-95cm  クロツラヘラサギ 73-81cm
ヘラサギの方が大きかったんですね。

Img_6847_edited1jpg
アオサギ 婚姻色が出てきたかな。

Img_6743_edited1jpg
ハシビロガモ 雄 

Img_6766_edited1jpg
ハシビロガモ 雌 後ろ姿が逞しいです

海岸をウォーキング・・
葉に深い切れ込みの入った植物がありました。

Img_6705jpg
ハマガラシ(ヤンバルガラシ) アブラナ科 分布:九州(種子島、トカラ列島他)~沖縄
海岸の砂地に生えていました。根元近くで枝分かれして横に伸びて
10~20cmの長さになります。

Img_6935_edited1jpg
既に花が終わり丸い実が付いています。本には「海ぶどうのような
丸い実がつく」とあります。確かに海藻の「海ぶどう」に似ています。

Img_6697jpg
シマアザミ  キク科  分布:トカラ列島以南
  シマアザミは高さ30~100cmと大きくなります。
花の色は真っ白かと思うとわずかに薄紫色がかる感じです。
品があるなと思います。

Img_6711_edited1jpg
ハマササゲ(はまあずき) マメ科  分布:屋久島・種子島以南
ツル性でよく広がって花を咲かせています。
 








参考文献  屋比久 壮実 著 海岸植物の本 アクアコーラル社

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック