« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月26日 (月)

植物観察

国頭村の国頭林道で植物観察会がありました。この時期の樹木や花
の様子が楽しみです。

Img_4757_edited1jpg
森の様子・曇天でした。

Img_4767_edited1jpg
林道沿い

Img_4763_edited1jpg
ヤマビワソウ イワタバコ科  奄美大島以南
薄暗い湿気のある林縁斜面に生えます
白く熟した実(径が6~7mm位)が付いていました。
食べても大丈夫との事で口に入れました。しゃきっとした食感
で味や香りなし。

Img_5797_edited1jpg
リュウキュウイチゴ  バラ科 分布:屋久島・種子島以南
  橙黄色に熟した実が生るのはまだまだ先のお楽しみ。

Img_5799jpg
ハクサンボク  スイカズラ科  分布:本州(伊豆半島・伊豆諸島・愛知県・山口県)
 高さ1.5~6mになる常緑低木       九州以南
枝先に小さな花が開いていました。

Img_5817jpg
ハシカンボク  ノボタン科 分布:屋久島以南
  高さ30~100cmになる常緑低木
花期は9月~12月のようですが、咲き残り花。

Img_4791jpg
ハマセンダン  ミカン科  別名 シマクロキ 本州(三重県以西)以南
  落葉高木  葉が紅葉しています。


Img_4792jpg
ハゼノキ  ウルシ科  四国・九州以南 落葉小高木
  深緑色の森のなかでハゼノキの紅葉は鮮やかです。

Img_4796jpg
フカノキ ウコギ科  九州西部以南  花期 11月~1月 常緑高木
  今が盛りと花はわっと咲いてます。

Photo
タイワンハンノキ カバノキ科   落葉高木
キイロテントウが葉に止まっていました。
タイワンハンノキは材木用として明治時代に持ち込まれたものです。
国の特別天然記念物のノグチゲラ(キツツキ科)が営巣木にして繁殖
している事が確認されています。元々やんばるの森にない木です。
営巣している事やタイワンハムシの食害で枯れたハンノキが道路側に
倒れて建造物が壊れたり果樹などに倒れるなど影響が懸念されています。

Img_4755_edited1jpg
タブノキ  クスノキ科  分布:本州以南  常緑高木
  赤い花の蕾のような新芽が出ています。
この新芽がもう少し開いたら食べられるそうです。

2015年1月19日 (月)

やちむん

那覇市壺屋にある「壺屋やちむん通り」散策に行きました。
読谷村のやちむんへは数度訪れているのですが、ここは取っておこう
と思っているうちに、今頃になってしまいました。
この時も所用があり短時間で急ぎ足でした。雰囲気の良い街並みや
様々な焼き物・戦前からある風景・樹や花も楽しめるという事で
今度はゆっくりと散策するつもりです。

Img_5780jpg
壺屋焼き物博物館・・グスク時代から現代までの沖縄の焼き物を
展示・紹介しています。^^

Dsc_0559jpgjpg
やちむん通りの様子

Img_5786jpg

Img_5789

Img_5783_edited1jpg
「らんぼう窯」さんのお知り合いのお店「よかりよ」さんへお邪魔
しました。
お客さんがいらしたので、中の写真も撮らずでした>。<
残念。
Img_4753_edited1jpg
可愛いカップがありました。


「マンホール」にはまっている女子が増えているそうですが・・
P1170001jpg
「やちむん」の通りにも可愛い蓋見つけました。

ついでに・・沖縄市の一番街へ行った時に撮った蓋を紹介

Dsc_0558_3jpg
太鼓をたたいている青年の姿が蓋に描かれています。

Dsc_0557_3jpg
沖縄市は「エイサーの町」を宣言し、全島エイサー祭りは8月に盛大に
市内で行われます。  「エイ坊」

Dsc_0556_2
「さーちゃん」







2015年1月15日 (木)

カニステル&鳥たち

沖縄市の「ちゃんぷるー市場」で「カニステル」という果物を購入しました。
見聞きした事のない果物でした。奥のミカンと大きさ比べ。

Img_4368jpg
カニステルは、メキシコから中央アメリカ原産のアカテツ科の常緑樹。
「カニステル」の名前の由来は通常の果実とは形が異なり
「散弾の弾体」 canister(カニスタア) の語源から Canistel になったのではないかと
言われている・・との事。
沖縄県での収穫時期 1月~4月
県内でも珍しい果物の類のようです。近所のスーパー店頭ではみられません。
購入後、暫く置いて追熟させ皮の表面がシワシワ・シミが出たような所で(親近感)^^;
戴きます。

Img_4371_edited1jpg
英名で、エッグフルーツ・和名 クダモノタマゴ
味は、茹でた卵や蒸かした芋とも評されています。
食べ時を間違えるとエグミが出たものを食べる事になります。
ねっとりして、カボチャにフルーツ感が入ったような・・美味でした^^v

・・・鳥撮りどり

Img_4415_edited1jpg
サカツラガン・カモ科 全長81-94cm 英:Swan Goose
日本では冬鳥としてごく少数飛来して越冬している。
目の下、頬、喉などが淡い褐色で、顔がうっすら
酒気を帯びたように見える事からこの名前。
Img_4426_edited1jpg
ツクシガモ カモ科 全長58-67cm Common  Shelduck
少ない冬鳥
 

Img_4681_edited1jp
ハチジョウツグミ ヒタキ科 
昔、たまたま八丈島で捕獲されたことでこの名前になった。


Img_4685_edited1jpg
 この後ろ姿は・

Img_4692_edited1jpg
ウグイスでした。    ウグイス科
  3羽比較的近距離で餌採りする姿が見られました。

*鳥友さんからの情報で撮影できました。いつも有難うございます。

参考  山と渓谷社   野鳥の名前

2015年1月 8日 (木)

鳥などありんくりん

今年初掲載となります。ブログに訪問くださった方々有難うございます。
早いもので1年経ちました。
今後ものんびり行きますがよろしくお願い致します。
  

Img_4202_edited1jpg
リュウキュウバライチゴ
3月頃美味しい実がなります。楽しみです^^

Img_4156_edited1jpg
スミレがそこかしこ。
Img_4180_edited1jpg
レンカク レンカク科 第1回冬羽 全長31cm

Img_4166_edited1jpg
シロハラ ♂  ヒタキ科 

Img_4171_edited1jpg
サシバ ♀ 越冬中 

Img_4276_edited1jpg
アカハラ ヒタキ科  例によってシロハラに追い払われてます。
逃げて枝に止まった所です。

Img_4290_edited1
水田にシマアジが1羽。ハシビロガモやコガモと一緒の水田で
餌採りしてました。

中部海岸にて
Img_4353_edited1jpg
ミヤコドリ 健在。

Img_4338_edited1
シロチドリと 「いい湯だね」ではなく水浴び。可愛いです^^




« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック