« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月27日 (土)

県・総合公園

日中の暑さを避けて夕方散歩です。


Img_0746jpg
オキナワキョウチクトウ 赤く色付いた実が沢山また生っています。
「種子に毒があり、樹液が目に入ったら腫れる」でも、公園に
多く植えてあります^^;

Img_0781_edited1jpg
海側を観察すると、ソリハシシギとキアシシギ  岩場で一休み
キアシシギは目を閉じてますね。
Img_0770jpg
チュウシャクシギとアオアシシギ
潮が満ちてきました。

Img_0806_edited1jpg
ヒメトンボ ♂ トンボ科  腹長20mm位と小さいトンボ  南西諸島・他
初見で感動しました。
海岸沿いの歩道にて

Img_0761_edited1jpg
ヒメトンボ  ♀タイプ 海岸にて
Img_0815jpg
コシブトトンボ ♂ トンボ科 先のヒメトンボと同程度の大きさ。
腹部第2~5節が太いのでこの名前だそうです。
体の模様がとても美しいトンボでした。

Img_0786jpg
 お食事中に失礼します。

Img_0834_edited1jpg
夕陽を受けて翅が光っていました

Img_0847_edited1jpg
オキナワモンシロモドキ    ヒトリガ科 開張約30mm 分布:南西諸島
昼行性です。幼虫はモンパノキが食草

Img_0859_edited1jpg
ハナアブの一種




参考文献:  文一総合出版  イモムシハンドブック

         南方新社     昆虫の図鑑

2014年9月24日 (水)

島野菜を食べました

今帰仁村 クワンソウ畑へ

Img_0937jpg
今帰仁村にあるファームでクワンソウ(別名アキノワスレグサ)
が見頃ということで、行ってきました。

Img_0934jpg
本土で見かけるノカンゾウとは近縁種のようです。

Img_0965
お店で購入したクワンソウの花  100円
沖縄では古くから薬用・食用に栽培されてきたそうです。
安眠効果・・などなど・・
天ブラ・甘酢で戴きました。
甘酢で和えたらシャキシャキ感が美味しいですよ。

Img_0940jpg
ファームのフェンスにニトベカズラ=アサヒカズラが巻きついて
華やかでした
チェーンオブラブ・クイーンネックレス・アンティゴノン
いろいろ呼び名があるようです。
メキシコ原産 沖縄で路地にも咲いているのを見かけます。

オリイオオコウモリ
Img_0945jpg
朝8:28 オリイオオコウモリが自宅脇斜面林に飛んできました。
夕時、わっさわっさと飛ぶ姿を何度か見かけるものの撮影はできず。
この日は台風の影響もあり朝から暗い空でしたので・・ラッキーでした。
自宅は森の中ではありませんが、ここも行動範囲のようです。
愛嬌ある姿と思います。^^
Img_0948jpg
オリイオオコウモリ 体長20~25cm沖縄本島・周辺島嶼
目視で行動する大型のコウモリでモモタマナ・フクギ・・・・など
果実を食べるフルーツバットです。
沖縄レッドデータ 準絶滅危惧種(NT)

2014年9月20日 (土)

沖縄市運動公園

久しぶりに沖縄市内運動公園を散策。

Img_0621jpgezobitaki
エゾビタキ  ヒタキ科  14.5cm  Grey-spotted Flycatcher
渡りの時期に出会える事を楽しみしている鳥です。
センダンの木で会うことが出来ました。
Img_0656jpg
セスジスズメ  スズメガ科 開張 55-70mm
幼虫の食草はサトイモ科・ヤブガラシ(ブドウ科)ホウセンカなど。
芝刈りの真っ最中、広場の隅にセスジスズメが止まっていました。

Img_0665_edited1jpg
タイワンツチイナゴ幼虫  60-80mm
ギンネムの葉の上に。

Img_0703_edited1
アオカナヘビ  カナヘビ科 分布:沖縄諸島、奄美諸島、トカラ列島
全長 20~28cm 昆虫やミミズなどを捕食。
  何度めかの遭遇でやっと撮れました。幼体でした。
成熟すると背面が緑色で美しいです。

Img_0676_edited1jpg
セセリチョウ科  チャバネセセリでしょうか、トガリチャバネセセリ
だとよいですが判別できませんでした。

Img_0653_edited1
クロイワツクツク セミ科 45mm位 8月~11月 南九州~沖縄
  声「ジーワッ、ジーワ・・」  本土のツクツクボウシとは声が全く違います。

20140919image001
オオシマゼミ  セミ科  50mm位 8月下旬~11月 奄美大島~沖縄
  声 「カン、カン・・」金属的な声です。個人的には「シケン、シケン・」と
聞きなしています。一緒の場所で鳴いていましたが、撮影できなかった
ので、この写真は昨年11月に名護城公園で撮ったものです。

Img_0871_edited1jpg
オオシマゼミ 雄  
最近撮影できたので、掲載追加です。

Img_0679jpg
園芸種のブッソウゲがイキイキしていたので撮影。

Img_0727jpgbussouge
色・形のバリエーションが豊富です。

参考文献  実業之日本社   やんばるフィールド図鑑

        文一総合出版   イモムシハンドブックなど

2014年9月13日 (土)

ご近所周りなど

出かけた帰りに近くの湿地に立ち寄りました。

Img_0462jpg

お馴染みのバンが水浴びの最中。

Img_0457jpg

水浴びを途中でやめて、浸かってしまいました。

Img_0466_edited1jpg_2
ミサゴが飛来、水面を窺いながら魚の探索。

Img_0005_edited1jpg
オサヨコバイ    カメムシ目/ヨコバイ科 関東以南・四国・九州・沖縄
1cm位の大きさで、横長の目の形がユニークです。ぴょんと跳ねて
すぐに行ってしまいました。

Img_0481jpg
コカマキリ  カマキリ目/カマキリ科 
集合住宅の中で、家は虫に好かれているようです。コカマキリが
ポストから侵入を試みているかのよう。
スジイリコカマキリとは、識別できませんでしたのでコカマキリSP

Photo_2
ツマムラサキクチバ  ヤガ科 分布:笠原,沖縄諸島沖縄本島,西表島
 開張 60mm                       大東諸島南大東島・・;
玄関灯の脇に止まっていました。片翅が電灯で隠れているので
片翅のツマの模様が見えていません。

おまけです^^;
メイ 3歳

20140912p9070016

20140912p9070038

チビタ 2歳 

Photo








2014年9月 5日 (金)

南部海岸へ

 糸満市の海岸から南部廻り

Img_0278_edited1jpg
ウスバキトンボ 群れの数に圧倒されます。
南から北へ世代交代しながら移動していく・・不思議です。

Img_0238jpg
タカブシギ  全長20cm
鷹斑鷸 

Img_0036jpg
アオアシシギ 全長32cm   幼鳥
青脚鷸

場所を移動して

20140904img_0071_2
ツメナガセキレイでしょうか・。

Img_0305jpg
タテハモドキ  分布:沖縄~九州  前翅長 約30mm
目玉模様が目立ちます。上記と同じグラウンド内で。

Img_0157_edited1jpg
アオタテハモドキ  これは別の場所です。
発生時期なのか数多く見かけます。


:沖縄市泡瀬

Img_0105_edited1jpg
ゴイサギ  成鳥

Img_0109_edited1jpg
ツミ ♀ タカ科 全長 27~30cm
雀鷹
ゴイサギ撮影中に、目線をずらしたらツミが止まったのが
見えました。夕方でもあり・暗い写りです。

2014年9月 4日 (木)

1本のコバテイシ(モモタマナ)

金武町の億首川河口にて

野鳥の観察途中、木陰を求めてコバテイシの樹へ。
高さ5mあるかないか。うっかりして全体を撮りそこねてしまいました。

Img_0198_edited1jpg
見上げると、アオムネスジタマムシの姿 

Img_0200_edited1jpg
ハラビロカマキリの幼虫もいました。

Img_5173jpg
ササグモ科  シマササグモ  葉の裏でお食事中

Img_5181jpg
ワモンゴキブリまで。

Img_5184_edited1jpg
幹にはミナミヤモリでしょうか、尾が切れてます。

Img_5189_edited1jpg
メイガの仲間

Img_5162jpg
メジロの巣もありました。場所が良いのでしょうか、1本の樹で
いろいろ見られて得した気分でした。

Img_5153

これは近くの木でした。ツユムシの仲間・

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック