« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

金武町へ

金武町(きんちょう)は沖縄本島のほぼ中央に位置しています。
  今は、うりずんと呼ばれる1年で過ごし易い季節。
 晴れの天気でしたが、昼ごろ時折パラパラと雨粒が落ちてきました。
 
 

 *うりずん・・
   潤い初め(うるおいぞめ)」が語源とされる。
   元来、冬が終わり大地に潤いが増してくる時期(2~4月)のことをいう。
  

Img_3259_edited1jpgk
向かって、左側はイグサ、右側は田イモが植えてありました。
農家の方々が忙しく作業されている中の観察は気がひけます。

Img_3168_edited1jpg
シロハラクイナ  クイナ科 全長33cm 英 White-breasted Waterhen
生息場所:マングローブ林、水田、湿地、河川、農耕地など
声:コォー、コォー、警戒時には、クワァ、クワァ、カァーカァーケェケーケー
生息区分:一年中見られる。
 *かろうじて後ろ姿だけ撮れました。

Img_3227_edited1
アマサギ  田イモ畑に2~3羽  亜麻色に変身中

Img_3240_edited1jpg
億首川にて ササゴイ  いつものポーズで水面を見つめています。

Img_3219
億首川(おくくびがわ)  カルガモも立ち上がり・
この川は、金武湾に注いでいます。金武ダムが上流にありますが現在
億首ダムを建設中、金武ダムをパワーアップするそうです。

Img_3161_edited1
ゲットウ(月桃)   ショウガ科    分布:九州南部以南
ランのような花ですが、ショウガの仲間です。沖縄ではサンニンと呼ばれます。
  旧暦12月8日ムーチー(鬼餅)の日に、この葉で包んで蒸し餅を作ります。
 今年は1月8日でした。この日はお店でたくさん売っています。
*ムーチーの日
 
 
 沖縄諸島で行われる子供の健康祈願の行事で、  旧暦12月8日に
 ムーチーを食べると、1年間健康に過ごせるという言い伝えがあります

Img_4720_edited1
ナンゴクネジバナ        奄美諸島以南
 ネジバナとの違いは、花穂や子房に毛が生えていないところだそうです。
 花穂が大きいです。

Img_3263_edited1jpg
フサナリツルナスビ  ナス科  南米原産 つる性多年草
観賞用に植栽されていたもの。
 *野山で良く見かけます。

Img_3253_edited1jp
ヤコウボク(夜香木)ナス科 の実がなっていました。
以前(2/22)青い実を載せましたが、白色になっています。

Img_3251
パパイヤ    道端にパパイヤが生っていました。

参考文献   新星出版  沖縄の野鳥

         南方新社   野山の花

2014年3月28日 (金)

うるま市の倉敷ダムへ

うるま市は、那覇市より北東へ25km、沖縄本島中部の東海岸に位置しています
 倉敷ダムは、 ダム湖公園として整備されダム湖100選に選定されています。

Photo
ダム湖の様子

Img_3112_edited1jpg
ダム湖100選の碑
名前は、かつて倉敷集落があった事に由来。

Img_3014jpg
オオバン天国 130羽+。その中にヒドリガモが10数羽

Img_3028_edited1jpg
オオバン目つきが鋭いですね。咥えているのは、水草の茎です。
盛んに潜って水草を食べていました。

Img_3030_edited1jpg
オオバン 潜水 中・・

Img_3052jpg
シジュウカラが木の枝で囀っていました。

Img_3083_edited1jpgt
北方へ移動中のツグミ  久しぶりに対面しました。

Img_3062jpg
リュウキュウバライチゴの実  ホウロクイチゴよりもこちらの方が
美味しいそうです。食べたかったのですが、林の奥の方にあり
ハブがいそうなので断念しました。

Img_3058_edited1jpg
クサギの種類  葉っぱが臭い事からクサギ
   若葉は食用になるそうです。

 Img_3055jpg 
クサギの実

Img_3070jpg
ヒメジャノメ  林の縁のコシダに止まりました。
 

Img_3144_edited1
コハナグモ ♀ 模様に個体差があるとありますが、この柄は初見です。
これは何処でついたのか車のフロントガラスにいました。

2014年3月25日 (火)

喜如嘉のアヤメ

国頭村での観察の後、寄りました。
国道58号線から入ってすぐです。

大宜味村 喜如嘉(きじょか)のターブク(田んぼ)へ。
オクラレルカが咲き始めました。
4月から見頃となり、薄紫の花が一面に咲く様はとても見事だそうです。

Img_2880jpg_3
オクラレルカ  アヤメ科 アイリスの仲間
生け花用に出荷しているそうです。オクラレルカとは学名に
基づいた名前。

Img_2881jpg
風景がいいですね。とても心地よい場所です。

Img_2883_edited1jpg
ターブクの一部にナガバミズアオイ?が咲いていました。

Img_2919jpgok
オクラレルカの販売所にて購入しました。これで100円です!
家で花瓶に入れました。

Img_2917
良い色です。眺めているだけで心が落ち着きます。


2014年3月24日 (月)

森の生き物

沖縄本島 北部の国頭村へ行ってきました。
観察会があり、いろいろ教えて頂きました。
Img_2875jpg
   風もなく良い天気でした。
森は新緑の季節、スダジイが新芽を出して森が明るくみえます。

Img_2820_edited1jpg
イルカンダ  マメ科 分布:沖縄~九州  ツル性
見上げるほどの高い木の上のほうで花が咲いていました。

Img_2819jpg
これでは、イルカンダが何処に咲いているかわかりにくいですね。
わかりますでしょうか・。中央の枯れ木の真ん中あたりです。

Img_2800jpg
エゴノキ  エゴノキ科
今年は例年より寒いので、まだエゴノキが咲いているのが見られました。
実の皮にサポニンという有毒物質が含まれていて昔は漁に使ったとの事が
よく知られています。

Img_2801_edited1
シマイズセンリョウ  ヤブコウジ科 分布:沖縄~九州南部 高さ1~3m
2月から3月の早春に開花して春に出現する甲虫類がよくやってきます。

Img_2853_edited1jpg
シマイズセンリョウ これは良く咲いています。花と実が同時に見られます。
写真で撮れませんでしたが、白い小さな実がなっていました。
勧められて食べてみると甘酸っぱい味がしました。

Img_2829jpg
ツルグミ   グミ科  本州(関東地方以西)以南
実が少ないので残しましょう。

Img_2866jpg
オキナワヤマタニシ  ヤマタニシ科
殻が硬く、タニシに近い仲間です。貝殻の口にフタがあります。

Img_2811jpg
オオカサマイマイ  カサマイマイ科
木の上の方にいました。衣服に付けるボタンのように平べったい
形のマイマイです。

Img_2846jpg
スジイリオキナワギセル   キセルガイ科
30mmに満たない位でした。

 Img_4671jpg
オオシマカクムネベニボタル  ベニボタル科 分布:沖縄本島・奄美大島
10.5~15.2mmの大きさ  
この時期にしか見られないそうです。先出のシマイズセンリョウに
いました。体内に毒を持っているので、多くの甲虫が擬態しているそうです。
 

Img_4712_edited1jpg
オキナワキノボリトカゲ  キノボリトカゲ科 分布:沖縄諸島・奄美諸島
20cmほど。
イグアナに近い印象です。

 

 

2014年3月22日 (土)

沖縄市内公園

出かけていましたので、少し前(3/10)の市内公園での散策記録を掲載します。

Img_2711
ビンズイ セキレイ科 全長15.5cm 英 Olive-backed Pipit 冬鳥
生息場所: 平野、海岸など松林や広葉樹林を好む
声:チッチッ、ツィー、ズィーなど
12月の始めに同公園で見て以来でした。4~5羽いました。
そろそろ移動でしょうか。

Img_2713jpg
キセキレイ セキレイ科
この時はビンズイと一緒に餌とりです。

Img_2770jpg
キジバト ハト科
羽の色も淡く虹彩(目)が赤くなっていないので幼鳥と思われます。

Img_2795jpg_2
オオバギ  トウダイグサ科  分布:奄美大島以南  雌雄異株
葉が大きく大きな葉は直径25cm位にもなります。一般の樹木と違い
葉柄が木の葉の裏側に付いています。
葉に含まれる成分に抗酸化作用があり、化粧品が作られています。

Img_2727jpg
オキナワスズメウリ  ウリ科   分布:トカラ列島口之島以南
花は小さい黄色い花です。スイカに似た実は2cmに満たない
位でした。赤く熟すと白い縦模様が映えます。

Img_2746jpg
セイバンナスビ ナス科   帰化(熱帯アジア原産) 沖縄 荒地、路傍
高さ1~3m 位の低木で、自宅脇の斜面にも生えています。
花は、ナスの花を白くしたような感じです。鋭いトゲがあります。

Img_2798jpg
つるむらさき  熱帯アジア、アフリカ原産のツルムラサキ科のつる性多年草。
島野菜としても育てられていますが、畑の近くや空き地に生えていることも。
ほうれん草に似た味だそうですが食べた事はありません。

Img_2753_edited1jpg
ホシスジオニグモ  コガネグモ科 雌6.5~11.5mm 正常円網
分布:本州、四国、九州、南西諸島
日中なので、葉の中で身を潜めていました。

Img_2766jpg
ナガマルコガネグモ  雌 20~25mm  分布:南西諸島  正常円網
日中堂々網を張って餌待ち中。

Img_2745_edited1jpg
タイワントゲカメムシ と思われる個体 

参考文献  アクアコーラル企画   沖縄の野山を楽しむ植物の本

 

 

2014年3月10日 (月)

都合により暫くの間お休みします。

2014年3月 5日 (水)

いつもの公園散歩

雨が上がったので、ちょこっと散歩

Img_2585_edited1
メダイチドリ  チドリ科 全長19.5cm 英:Mongolian Plover
生息場所:海岸の砂浜や干潟、砂州
声:クリリ、クリリ
*ゴカイ類をお食事中。

Img_2573_edited1
別の1羽も冬羽

Img_2607
芝生にイソヒヨドリのメスが。胸のうろこ模様がはっきりしています。

Img_2628jpg
バン  クイナ科 全長32.5cm 英:Common Moorhen
生息場所:湖沼、水田、河川、内海、ダムなど
声:クルルー
額(額板)の赤味が強くなっています。

Img_2629jpgba
公園の池   夏羽に変わってきています(同じ個体) 

Img_2589
海岸にオオハマボウ アオイ科 が咲いています。
分布:小笠原及び屋久島・種子島以南

Photo
ハマアズキ  マメ科 分布:屋久島・種子島以南 
蔓性で3枚葉 シジミチョウの食草になるそうです。 

Img_2590
モンパノキ  ムラサキ科 分布:トカラ列島宝島以南
海岸にたくさん咲いています。
材は水圧を調節して目が痛くならないので素潜りの漁の潜水用
眼鏡枠に使われたそうです。

Img_2604
モンパノキ全体 高さ2~10mになります。

Img_2599
モクマオウ  モクマオウ科 別名:トキワギョリュウ
オーストラリア原産 
雄花が咲いています。

Img_2601
モクマオウ全体  高さ 20mにもなる。

参考文献:南方新社  野山の花

       新星出版  沖縄の野鳥

2014年3月 4日 (火)

植物観察会

名護市にある「県立名護青少年の家」主催の植物観察会に参加しました。
  青少年の家は名護岳(345m)の中腹にあります。
自然観察ルートなどが整備されています。

Img_2555
名護市にある名護博物館の通り・イペーの花が見ごろです。
イペー ノウゼンカズラ科 南米原産の落葉高木

Img_2512jpg
観察会のはじまり・・森の中の様子

Img_2411jpg
コシダ ウラジロ科 
スッと伸びた蔓は、今帰仁村で民芸品のわらび細工(かご)に
使われるそうです。

Img_2517_edited1jpg
オオキバナムカシヨモギ(ナガバコウゾリナ) キク科
高さ1~2mにもなる。 

Img_2465_edited1
コモウセンゴケ   小さい虫を食べる食虫植物
   触るとベタベタとしています。

Img_2456_edited1jpg_2
キンギンソウ  ラン科

Img_2462jpg
ヒメハギ  ヒメハギ科 日当たりの良い草地に生えていました。
とても小さい花です。
 

Img_2380_edited1jp
チクシキヌラン ラン科  5~10cmに満たない高さです。

Img_2507
シマミズ イラクサ科

Img_2400
タイワンルリミノキ  アカネ科 
対生する葉の基に瑠璃色の実がなっています。

Img_2488
タシロスゲ  カヤツリグサ科

Img_2536jpg
アマミイナモリ アカネ科

Img_2500jpg
オキナワスズムシソウ キツネノマゴ科
コノハチョウの食草になる。

Img_2524_edited1jpg
リュウキュウハナイカダ  ミズキ科 奄美~沖縄島固有

Img_2469
アオバナハイノキ  ハイノキ科
甘い香りのする薄青色の美しい花です。

Img_2544
ハクサンボク  スイカズラ科  

Img_2407jpg
ヤマナメクジの種類  体長7~8cm位 木の根元にいました。

Img_2450jpg

キセルガイの一種  陸生の貝

Img_2542
タイワンハムシ  海外移入種
過去に大量発生したそうですが、まだ経過観察中のようです。

Img_2521_edited1
アマビコヤスデ  5cm位でしょうか。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック