トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

比屋根湿地

Img_0286_edited1jpg
オオバン  クイナ科 全長39cm 英:Common Coot
灰黒色の体に白い額(額板)シックな装い。
沖縄は繁殖地ではなく越冬地。比屋根では2羽見ています。

Img_0300_edited1_2
ハクセキレイ  セキレイ科 全長21cm 英:White Wagtail
沖縄で冬鳥・・。繁殖はしないのでしょうか・・。

Img_0327_edited1jpg
アカアシシギ シギ科 全長27.5cm 英:Common Redshank
旅鳥または冬鳥 ここでは越冬しています。

Img_0339_edited1jpg
コアオアシシギ  シギ科 体長24cm 英: Marsh Sandpiper
旅鳥または冬鳥 アオアシシギと今日は一緒でした。

Img_0308jpg
イエネコ  ネコ科   ネコさんいけませんよ。
ここは、バードサンクチュアリーですから~!

参考文献   新星出版  沖縄の野鳥  沖縄野鳥研究会著

2014年1月29日 (水)

沖縄市内公園

Img_0140_edited1jpg
シロハラ ヒタキ科 全長24-25cm 英:Pale Thrush 第1回冬羽
困った時のシロハラさん頼み。スズメより見る機会が多いです。存在感か。
「キョキョキョキョビシッビシッビシッ・・・」と去られると怒られたような
申し訳ない気持ちになります。

Img_0162_edited1jpg_3
アオムネスジタマムシ  タマムシ科 体長:19~31mm分布:琉球列島
看板で日向ぼっこ。

Img_0204_edited1jpg
ダンダラテントウ  テントウムシ科 体長3.7~6.7mm分布:沖縄~本州
沖縄で最も普通に見られるテントウムシです。

Img_0199_edited1jpg
スズメノエンドウ  マメ科
道端に咲いていました。

Img_0143_edited1jpg_2
シマニシキソウ  トウダイグサ科
大きな花が目立ちます。

参考文献  実業之日本社  沖縄やんばるフィールド図鑑  湊 和雄著

2014年1月28日 (火)

野鳥 比屋根湿地

比屋根湿地は沖縄市の泡瀬海岸域にあります。
昭和62年に国体に向けた市道整備により内海が外海と分断されて形成され
現在は汽水域です。
約2haにマングローブ区域、草地、陸地化した区域・・となっています。
鳥のねぐらになっており、夕方には多くのサギが集まっています。

Img_0014_edited1jpg
Img_0030jpg
ダイサギ  サギ科 
餌採中、足をこのように上げて歩く時もあれば足を上げずに水中で摺り足を
している時もありました。上げている時は移動で摺り足時は魚を追いだして
いると考えればよいのでしょうか・・。

Img_0126_edited1jpg
コサギ  サギ科 全長55-65cm 英:Little Egret
貴婦人のような姿です。

Img_0100_edited1jpg
ヒバリシギ  シギ科 全長15cm 英:Long-toed Stint

Img_0057_edited1
イソシギ   シギ科 全長20cm 英:Common  Sandpiper

Img_0031_edited1
チュウシャクシギ   シギ科 全長42cm 英:Whimbrel

Img_0078jpg
ハシビロガモ カモ科 全長51cm  英:Northern Shoveler
採餌中

Img_0039_edited1jpg
コチドリ  チドリ科  全長16cm 英:Little Ringed Plover

Img_0132jpg
オヒルギ  ヒルギ科 赤く花のように見えるのはがく。

2014年1月26日 (日)

津堅島  part2

津堅島で目についた植物を撮ってみました。

Photo
食用カンナ  カンナ科 
ぶつぶつとした実が面白いです。でんぷん質の根茎を食用にできる。
食べて美味しいそうです。

P1250439_edited1
キンチョウ  ベンケイソウ科  マダガスカル原産 多肉植物
人家の石垣に生えているのを見かけます。
4,50cmの高さのを見た覚えがありますが、非常に地味な感じ
がします。今度花を撮りたいと思います。

Img_4345
イボタクサギ    クマツヅラ科
分布:種子島・トカラ列島以南   半つる性低木
砂浜に近い林に生えていました。
雄しべは長く花外に出て紅色を帯びる。


P1250454jpg
ショウジョウソウ   トウダイグサ科
観賞用に栽培されたものが帰化したもの。
何処でも見られますが、ここにもあるのでした。

Photo_2
シマキケマン  ケシ科   
関東でキケマンは見たことはありましたが、シマキケマンは
初めて見ました。


Photo_3
畑にサツマイモの花が・・。
P1250444
畑脇にフウセンカズラの実がなっていました。関東では緑色のまま
から枯れていくのに紅葉しているように薄赤い色になっていました。

Photo_4
人参の産地だけに汚水マスの蓋に人参が描かれていました。
可愛いので撮りました。

参考文献

南方新社 琉球弧  野山の花   片野田 逸朗著

2014年1月25日 (土)

津堅島

うるま市勝連半島沖合5kmにある津堅島へ。
周囲7kmの島で県内の人参の2割が収穫されるという。
島内には人参畑が沢山見られました。

Img_4284_edited1

平敷屋港からフェリーに乗船、およそ30分。(高速船もあり)
Img_4294jpg
津堅島が見えてきました。

Img_4320jpg
島の美しいビーチの一つ トマイ浜
島全体が一望できるキャロット(人参)の形をした展望台より

Img_4303_edited1
見られた鳥など
シロハラ  ヒタキ科    
Photo
ウグイス  ウグイス科   

Img_4322_edited1_2
リュウキュウヒヨドリ  ヒヨドリ科

Img_4328_edited1
イソヒヨドリ   ヒタキ科

Img_4338_edited1jpg
ため池にて  クロサギ  サギ科
手前に見えるのは コガモ

Img_4330_edited1
越冬中のサシバ  タカ科  電線の横棒が・・

P1250424_edited1
友人のリクエストに答えて・・島猫です。


2014年1月24日 (金)

コスモス

中城村安里のコスモス畑に行ってきました。

  (国道329号奥間信号を35号線へ曲がり道路沿い)

Img_4264jpg
景観がいいですね。続々とお花見の人が来ていました。

Img_4249jpg
中城湾が見えます。


Img_4255jpg

Photo

2014年1月23日 (木)

野鳥

以前撮影した亜種リュウキュウ・・の鳥を掲載します

Img_2734_edited1
リュウキュウコゲラ キツツキ科       沖縄市県総合公園


Img_2724_edited1jpg
リュウキュウサンショウクイ サンショウクイ科   県総
亜種サンショウクイより額の白色部が狭い、胸が黒っぽいなど。

Img_2973_edited1jp
リュウキュウメジロ  メジロ科      県総

Img_2700_edited1jpg
リュウキュウメジロ
亜種メジロは胸と脇薄い黄褐色。こちらは、下面は白色。


Img_2778_edited1jpg
リュウキュウハシブトガラス カラス科  沖縄市内
全身光沢のある黒色。県内に生息する亜種は比較的細いクチバシ。
「ガラサー」という方言名が楽しい。

Img_0374jpg
リュウキュウキジバト  ハト科    県総
全体に赤味が強いとされる。

Img_2994_edited1
リュウキュウヒヨドリ   ヒヨドリ科     県総

Img_2909_edited1jpg
オキナワシジュウカラ    シジュウカラ科    県総
本州の亜種シジュウカラと比べて後頭部の後ろの白色部が狭いと思いました。

Img_4072_edited1
リュウキュウヨシゴイ   サギ科  南城市 佐敷干潟

ある行動が見られました。餌採りの時に、猫が獲物を狙う時のように身を低くして
腹部から後方を小刻みに震わせると、ピタッと止まりジーッと獲物に狙いを定めて
からサッと首を伸ばして餌をとりました。
とても小さく何を採っていたのかわかりませんでしたが、とても面白い行動でした。
サギ類はいろいろな餌採方法がありますね。

参考図鑑:沖縄の野鳥 新星出版

2014年1月22日 (水)

蝶など

今日は以前撮影した蝶などを掲載します

Img_3598jpg
リュウキュウアサギマダラ   タテハチョウ科  沖縄市内県総合公園

Img_2589
リュウキュウミスジ    タテハチョウ科  県総

Img_3013
アカタテハ     タテハチョウ科      県総

Img_3824
テングチョウ     タテハチョウ科     県総

Img_3638_edited1
ウスキシロチョウ     シロチョウ科     県総

Img_3665_edited1
アオタテハモドキ    タテハチョウ科    県総

Img_3580_edited1
アオタテハモドキ    タテハチョウ科     県総

Img_3718
ジャコウアゲハ   アゲハチョウ科     宮古島サニツ浜

Pc010505_4
スジグロカバマダラ   タテハチョウ科 宮古島 池間湿原

Pc140589_edited1
オオゴマダラ    タテハチョウ科    那覇市末吉公園

Img_3913
ツマグロヒョウモン   タテハチョウ科  沖縄市コザ運動公園

Img_2858_edited1
ここから幼虫を少し・・

シロオビアゲハ 幼虫     名護市名護城公園

Img_2833jpg
イシガケチョウ 幼虫  真ん中の葉っぱの先端に茎のようなものが・。
 

Img_2786jpg
イシガケチョウ タテハチョウ科  5齢幼虫  名護城公園

Img_2788jpg
ツマムラサキマダラ  タテハチョウ科 幼虫  名護城公園

Img_3982jpg
すみません!! アオタテハモドキ 幼虫  コザ運動公園 野草混合の芝生上

Img_2815_edited1jpg
テングチョウ蛹 食草 クワノハエノキに。 名護城公園






2014年1月20日 (月)

ひまわり

北中城でひまわり祭りが開催されています。

今年で6回目 約1万平方メートルの畑にひまわりが一面に植えられています。

Img_4215_edited1
Img_4226jpg
Photo

見事ですね。

Img_4230_edited1
周辺の畑に咲いていた植物を以下にアップします
ルリハコベ  サクラソウ科
道端や畑などふんわり咲いている姿は関東でオオイヌノフグリを思い起こします。
これは触ってもポロリと花が落ちません。ハコベの葉に似ているのでこの名前とのこと。
ハコベ類はナデシコ科。


Img_4238
カッコウアザミ   キク科
 

Img_4236
カッコウアザミの白色タイプ

Img_4239
トウダイグサ  トウダイグサ科 燈台草

Img_4219
ポインセチア トウダイグサ科 
関東ではクリスマスの時期の鉢植えが定番。ここでは冬でも路地植え。





八重島(2)

続きです。

Img_4191_3
オオバイヌビワ  クワ科
 やや茶色がかっている別の実をよく見ると蟻が沢山入っていました。越冬場所になっているのでしょうか。

Img_4099_edited1
 

シロノセンダングサ  キク科

  
Img_4183_edited1jp

ヤコウカ (夜香花) ナス科
夜に開花して花の香りが強い。花を嗅いでみると昼間は匂いませんでした。

Img_4172jpg

ツルソバ  蔓蕎麦   タデ科
  

2014年1月18日 (土)

八重島(1)

八重島公園で観察しました

Img_4085_edited1_2
 

本部町は桜祭りが始まっていますが、ここのカンヒザクラもなかなかです。

Img_4125_edited1_2

メジロも花に誘われやってきました。

Img_4213_edited1

沖縄ではイソヒヨドリは身近な鳥です。

Img_4149jpg_2

チブサトゲグモ コガネグモ科 ♀8~12mm
 黒色型が見られました。

Img_4143_edited1jpgisourou_2

アカイソウロウグモ ヒメグモ科  ♀3.5~6mm
 
チブサトゲグモの網の中に5匹居候していました。宿主の獲物を
盗み食いするそうですが、ここは餌が豊富なのでしょう。
 

Img_4163_edited1_2

ナガマルコガネグモ  コガネグモ科 ♀20~2.5mm
腹面。かくれ帯がしっかりついていました。

Img_4169_edited1_2

オオシロカネグモ  アシナガグモ科  幼体

Img_4181_edited1_2

サラグモ科のチビアカサラグモでしょうか。蜘蛛たちは
みな接近して一か所で見られました。虫の通り道なんですね。

Img_4209_edited1jpg_2

オキナワモリバッタ  バッタ科

Img_4202_2

オキナワゾウムシ  ゾウムシ科

Img_4100_edited1_2

ダンダラテントウ  テントウムシ科

Img_4192_edited1jpg_2

イヌビワにとまる
  オキナワイチモンジハムシ

2014年1月15日 (水)

総合公園

P1140625沖縄市の県総合公園内を散策中
咲いていた花を撮りました。

 

ベンガルヤハズカズラ  キツネノマゴ科
 

 花期  春と秋

 

 薄紫の大きな花で人家の生け垣によさそうです。

P1140631 旺盛な生命力で電柱を覆いツリーなら

ぬヒト型という感じです。

P1140670_edited1_2オキナワキョウチクトウ  キョウチクトウ科
  別名  ミフクラギ
  花期  5月~10月

沖縄では開花期を過ぎても花がちらほら咲いていることが多いです(o^-^o)

樹皮や葉・種子に毒があり樹液が目に入ると腫れるそうですが赤くなった実はきれいなので、うっかり手にとらないようにしたいものです。

P1140675jpg
テイキンザクラ   トウダイグサ科
  花期  3月~9月

  紅色の花は曇天でも灯火のように目をひきます。

 

P1140668ドンベア   アオギリ科
  花期  9月~2月

  ピンクの花の集合体でその様子から
俗称 ピンクボール

 

ネーミングにインパクトがあり、その姿は存在感があります。

P1140665_edited1モクセンナ    マメ科
  別名  キダチセンナ
  花期  5月~6月  10月~12月

  花期が長く南方では若葉を野菜として
また根や種子を薬用として利用するそうです。

P1140678オオバナソシンカ    マメ科
  別名 羊蹄木
  花期  11月~4月

葉の形が羊の蹄に似る

P1140659_edited1
ヤドリフカノキ  ウコギ科
  カポック

花ではないですが、実がたっぷりとなっていたので撮りました。

P1140637_edited1jpg
植物ではないですが好物なので。

チブサトゲグモ  コガネグモ科
  体長:♀8~12mm
      
      垂直の正常円網 一年中

 園内で普通に見られます 

変異型

 

2014年1月12日 (日)

クロサギ 白色型  

ブログ開設しましたo(*^▽^*)o

自然観察しながら生き物を掲載していきます。

記事に間違いがありましたらご連絡頂けたら幸いです。

よろしくお願い致します。

◎糸満市米須海岸にて

クロサギ白色型が海水に浸かった状態で餌採り。岩場の段差で流れ落ちる獲物を狙っていました。いろいろ工夫していますね。

                Img_0530_edited1_2

クロサギ サギ科  Egretta sacra    全長58-66cm

 

トップページ | 2014年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック