2017年3月18日 (土)

庭つ鳥休眠します

 菜の花が土手を飾る利根川へ

Img_6649_edited1

葦の中にカシラダカの群れが見られました。
Img_6706_edited1
ナナホシテントウ・・次はどの葉へ移ろうか。
P3160014_edited1
ベニシジミ
Img_6733_edited1
モンシロチョウ
Img_6667_edited1jpg

 こちらはいつもの沼へ観察に行った時の事です。

Img_6435

 カンムリカイツブリの姿が見られました。
この沼での観察は初めてです。
Img_6509_edited1

 キジ♂がゆったり歩いています。日向に出た時の一瞬、
羽が輝いて本当に美しい色でした。
Img_6477_edited1
 
 キジ♀は♂が近くにいるからか警戒心がやや薄目。
Img_6492_edited1jpg_2

 一本道、待っていてもキジ♀が中々動かないので、直ぐ脇を通らしてもらいました。
必死に隠れているのか、隠れ身の術に自信があるのか動かず。
遠ざかり暫く見ていると、犬を連れて散歩のご夫婦が通ってもそのままの姿。
 その後また餌を探していました。なかなかです。
Img_6497_edited1jpg_2

 今まで「庭つ鳥の自然だより」訪ねて戴きまして
どうも有難うございましたm(. .)m

 いろいろと忙しくなってしまい更新がままならなくなりました
ので休眠することに致しました。

 *リンク先の方々には今まで通り訪問いたしたいと思いますので
よろしくお願い致します。

 

<°)
 
(= )  有難うございました
~~~~

 

 

2017年3月 5日 (日)

庭のクモ

 少し前に自宅庭のクモを探しました。
昨秋庭木の植え替えなどしたので庭がサッパリしてしまいました。
 いないかもしれないと思いつつ植木鉢などひっくり返していると
 ヤチグモの仲間が3個体、ヒラタグモ4個体 冬越ししていました。

ヤチグモの仲間たち、メガネヤチグモかシモフリヤチグモか・・
P1180048_edited1jpg

♂のヤチグモの一種。
P1180036_edited1jpg

 丸い植木鉢の底にいた ヤチグモ一種。
P1180005_edited1jpg

 素焼きプランターの底 ヒラタグモの「受信糸網」
放射状に延びた長い糸が虫の動きを感知し受信する糸になります。
虫の動きを察知したクモは巣から飛び出して虫を捕獲、糸で包み上げます。

P1180022_edited1jpg

上の写真、左側のヒラタグモは体に合わせて小さい受信糸網。
P1180019_edited1

ヒラタグモ ヒラタグモ科 ♀8~12mm  ♂6~10mm
 こちらのヒラタグモは、右側の大きい受信糸網にいました。
P1180041_edited1

 ササグモ2個体いました。
ジャノヒゲの葉の上を歩いていたものです。

P1180075_edited1

プランター底にオオヒメグモか卵のうが一つ。
P1180012jpg

2017年3月 4日 (土)

タゲリとタシギ

市内9ヶ所にて冬期湛水水田を行っています。
そのうちの1ヶ所に寄りました。
 冬期湛水水田・・
「水田において耕作しない冬の期間にも、田面へ水を張ることにより、
生きものを呼び戻そうとする取り組み」
Img_6244_edited1jp

タシギが4羽 休んでいて暫く見ていると餌を採り始めました。
Img_6230_edited1jpg

 タシギ シギ科・・体長27cm 旅鳥・冬鳥・ 主に平地の川辺、水田、湿地など

Img_6236_edited1jpg

農道沿いの耕地ではタゲリが4羽。1月下旬に同場所で最高40羽+
見られましたがそれ以降、通りがかりに様子を見ますが、
徐々に少なくなっています。
 タゲリ チドリ科  体長28~31cm    冬鳥・北海道では主に旅鳥
Img_6265_edited1jpg

 タゲリを観察していると、片方の足を曲げて足指を「グッ、グッ」と
地面に押しています。腰も上下しているので力を入れているのがわかります。
振動させて出てくる虫を食べているのか、くるりと後方に向きを変えて
捕まえたりもしながら、同じ行動をしていました。
Img_6276_edited1

Img_6276_edited1_2

2017年2月23日 (木)

北帰行の前に

茨城県坂東市・菅生沼の上沼へ北帰行の始まる前に出かけた時の
ものです。

Img_5938_edited1jpgnuma_1

時折 顔を上げて家族で鳴き交わしています。

Img_5858_edited1

休んでいたオオハクチョウの親子
Img_5918_edited1

 水面へ泳ぎ出しました。
Img_5921_edited1

手前がコハクチョウ・奥がオオハクチョウ
 コハクチョウが帰る先は北極圏のツンドラ
 オオハクチョウはシベリア広範囲とサハリンへ

Img_5922_edited1

水を飲んでいる所です。
 嘴を水面につけて、水を一口ふくんで、

Img_5894_edited1jpg

上を向いて喉に流しこんでいます。

Img_5896_edited1jpg
 あとちょっとの期間です。栄養つけて繁殖地に向かい、
家族を増やして菅生沼にやってきてほしいですね。

2017年2月10日 (金)

隣町の公園で鳥見 ついでにウォーキング

 昨日は、庭にうっすらと雪が積もり寒さに震える朝でした。
乾いた土が強風により砂埃となって目も開けられない日に出るよりは
ましです。雪が止んだので早速出かけました。
Img_5754_edited1_2

越冬中のムナグロが6羽誰も居ない公園の芝生でハクセキレイや
ツグミなどと混じり餌を探しています。
 タタタッと走っては立ち止り、芝生に嘴を入れる仕草は
ツグミと似た動きだと思いました。
 
ムナグロ  チドリ科 体長24cm 
  旅鳥として干潟や水田、草地に飛来、少数が越冬する。
繁殖地:シベリア極北部からアラスカ西部沿岸にかけてのツンドラ地帯
越冬地:東南アジア、中国、太平洋諸島、オーストラリアなど。

Img_5638_edited1jpg

カワラヒワは集団で餌を探して・・
Img_5604_edited1

 葦に、クイナが休んでいます。  クイナ クイナ科 体長29cm
こちらはもう気付かれているようです。
Img_5569_edited1

 葦原ではホオジロの仲間のオオジュリンが茎の中の虫を
探しています。3羽一緒でした。
Img_5697_edited1jpg
Img_5690_edited1

シジュウカラも 葦の茎を剥いて虫を探しています。
 
Img_5657_edited1

昼前に雪がまた降り始めたので退散することにしました。
 

 マガモの群れの中にオシドリ♂1羽混じっています。
オシドリは自分に近付き過ぎたマガモ♀を怒って攻撃。
仲間は居なくても強気でしたゞ
Img_5729_edited1jpg


2017年1月30日 (月)

公園ウォーキング

風もなく穏やかな午後にウォーキングに出かけました。
 場所は埼玉県久喜市にある都市公園とその周辺。
公園は調整池の周囲が遊歩道に整備されています。1周1200m。
後方に東北新幹線の車両が走行中。
 
この調整池はハシビロガモが多く入っていました。
他にはオナガガモ・マガモ・カルガモ・ヒドリガモ・オオバン・
カイツブリ・カワセミ・・・アヒルも

Img_5404_edited1jpgsinnkann

池の中では、ハシビロガモ達が小群で水面をくるくる回って渦潮が
あちこち出来ているように見えました。

Img_5391_edited1

集団でぐるぐる同じ方向へ回り、浮き上がるプランクトンや植物質の浮遊物を
ブラシ状に発達した板歯でこしとって食べています。
集団ディスプレイもこれと似た状況で、そのディスプレイを通して
つがいが出来るそうです。
Img_5362_edited1jpg

セグロカモメSP

Img_5374_edited1

 繁殖羽になっていないカワウ
Img_5383

お隣の池では、頭部も白くなって繁殖羽のカワウが見られました。
Img_5435_edited1
 サギとカメ
Img_5389_edited1jpg

 *           *

 こちらは清水公園周辺の池
少し前に見られたオシドリのオス 
Img_5258_edited1

 ☆

2017年1月14日 (土)

ノスリ×4

散歩先で、一本の樹にノスリが3羽という嬉しい出会い。
 そろそろペアの相手を探しているのでしょうか。
参加したそうに近くの電線で見ていたノスリは、可哀相に
ハシブトガラスに追われています。
 左端のノスリは「ピーヨ、ピーヨ」と盛んに鳴いていました。

20170113img_4792_edited1

Img_4793_edited1jpg_2

 ここからは、いつもの沼へ
カルガモ・コガモの数が先月より増えてきています。
Img_4921_edited1

Img_4917_edited1

冬枯れの景色 既にノイバラは新芽を伸ばしています。

Img_4945_edited1jpg

ヤマガラが咥えているのは、カタツムリの殻のようです。
カルシウムの補給でしょうか。

Img_4892_edited1

「フィッ、フィッ」と声がしても中々見つからず、じっと待っていて
ようやく姿が見られたベニマシコ。柳の新芽を食べています。

Img_4869_edited1

アトリは8羽ぐらいの小さい群れ。

Img_4833_edited1

 2ヶ所で姿が見られました。隈どりのようで楽しい顔に
なっているアカゲラでした。
Img_4825_edited1




2017年1月 6日 (金)

鳥始め

酉年の今年もよろしくお願い致します。

 昨年に続き、栃木県真岡市「井頭公園」にて鳥見始めとなりました。
池に面した「鳥見亭」2階の野鳥観察室で情報を仕入れ周囲を散歩。

Img_4776_edited1jpg

寝ていたヨシガモ雄、活発に動き始めました。
Img_4764_edited1jpg

ミコアイサ雌 雄は何処に。
 ユーラシア北部で繁殖するミコアイサ、オシドリと同じように
樹洞で繁殖するそうです。
Img_4699_edited1

薄暗い林の中でガサガサッと音の主はトラツグミでした。 
体を上下に揺する行動も久しぶりに見る事ができました。
Img_4695_edited1jpg
 
やっと青いルリビタキに出会えました。

Img_4732_edited1

 見ているだけで幸せになれそうです。
Img_0234_edited1jpgruribitaki

こちらは遊水地にて
Img_4666
 
ムシクイ科のチフチャフ 体長12cm ごく少ない旅鳥・冬鳥
嘴と足は細くて黒い。上面は明るい灰褐色
囀りは「チフチャフ、チフチャフ」英名や和名の由来ともなっている。
地鳴きは「ピィーッ、ヒーッ」など・・・図鑑より

 2000年初版の所有図鑑では、出現頻度の目安◎○◇△×で
ごくまれの「×」だったチフチャフ。昨年のモリムシクイに続き「×」
の鳥を見ることが出来ました。
撮影者も増え多くの目が野鳥を見つめています。こちらは情報を得る
機会が増えたものの鳥にとっては受難な事ですねゞ

Img_4628_edited1

2016年12月26日 (月)

水鳥と小鳥

午後から埼玉県の「まつぶし緑の丘公園」まで出かけました。
水辺ゾーンでは、カモ類の姿が見られます
 ミコアイサは葦の中から出てこないそうで、姿を見ることが出来ず残念。

Img_4182_edited1

コガモ  ディスプレイの途中ではなく、胸の羽の手入れをしている所です。
Img_4497_edited1jpg

キンクロハジロ 
Img_4526_edited1

オオバン 陸に上がってお食事中。
Img_4533_edited1

別の日に撮ったオオバンの足・
「この葉」のような形をした「みずかき」をしています。

Img_3045_edited1jpg

葦原でアオジが見られました。

Img_4503_edited1jpg_2

カシラダカは20羽+の群れで移動しています。

Img_4589_edited1_2

 今年はよく見られているアトリ。
Img_4169_edited1
 
お隣の農耕地では、電柱からノスリが見張り中でした。

Img_4577_edited1_2

 今年も訪問戴きまして有難うございました。

2016年12月13日 (火)

公園散歩

今日は午後から清水公園内を散歩。園内の樹木が落葉して
見通しがきくようになりました。

Img_3951_edited1

 大好きなルリビタキに会えました。 
この公園で、春まで過ごして欲しいですね。
雄は頭部から背・尾まで青くなるには数年かかると言われます。

*亜高山帯樹林で繁殖。北海道では低地の針葉樹林でも繁殖。
冬は本州以南の標高1000m以下の林にいる。
Img_3978_edited1

別の場所でもルリビタキ
ウグイスも入ってくれたようです。

Img_4098_edited1

ヤマガラは何かの実を咥えています。隠しておいたものでしょうか。
Img_4081_edited1

セキレイの仲間のビンズイ マツ林周辺で餌採り中。

*主に亜高山帯の草原に接した林縁や明るい林で繁殖。
冬は暖地のマツ林や梅林などで地上で採食する。
Img_4055_edited1

 ちょっと蜘蛛

ハナグモsp 2mm位の幼体が笹の葉に。
Pc120020_edited1jpg


シロカネグモsp 幼体 2mm位
Pc120006_edited1jpg

シュロの葉裏に付けられた卵のう。イソウロウグモ系のようですが不明。
Pc120034_edited1

«先月のお話と昨日の鳥散歩

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック